GT50ミニトレ 昭和の傑作「バイク」です。

up 2010-9-9

ホームへGO

このHPの作成にあたり 昔懐かしい事(バイク・クルマにまつわる事)を
多く思い出します FX400やブルーバードSSSを乗った当時も
レトロな雰囲気でご紹介できれば   っと思っています。


                           ZEPHYR1100RS 「管理人」















スピードメーター
燃料警告・エンジンオイル低下など 一切注意してくれなメーターです、
「ニュートラル」は緑のランプでお知らせしてくれます(親切です)。

 ちょうど良い「巡航速度」は50〜60kmで黄色ナンバーで程良い
走りを堪能出来ます 前オーナーの話では90km出るそうです。

GT50の「丸テール」
蚊取り線香のお徳用パックの様な「シンプル」かつ昭和は
これでよかったデザイン GTを語るうえでは重量なポイントです、
 GT50チョイスにあたって このテールはハズせない条件
でした。
 なぜ今頃になってGT50なのか? おじさんになったんでしょうネ
昔は良かったな〜 とか 昭和はな〜 とか・・・現代に不満足とは
言いませんが 昔は「味」がありました その「味」をもう一度
なんでしょうネ。
 高校時代は通学でGT50最終型に乗っていました その先輩に
あたる初期型を入手し「バイクライフ」が広がる「管理人」です。

GT50の「デカール」
思いの中にあるこの「デカール」が1番「ミニトレ」らしい っと
思います(ツーなお方にはご批判もあるかと思いますが)。

昔のバイクなのでその「ヒストリー」は謎が多いです・・・
たとえば 1) 丸型のテールはいつ頃までなの?
      2) 5速になったのはいつから?
      3) デカールで年代を知りたい!
等々 答えてくれるHPを紹介します。 

ミニトレレストア記・ミニトレひすとりーをクリック。

2ストの魅力
今にない排気の匂い これを「嗅ぐ」となぜか
癒されます、小さい頃(昭和40年代)スパイ手帳
を持ち近所を探検 夏の暑い日は電信柱や
民家から焼けた「コールタール」の匂いがしました
懐かしい、同じく2ストの「香り」は高校時代を思い出す
エッセンスです GT号に乗ると昭和50年代が思い
出され 当時の世情や「か〜ちゃん」の弁当まで
思い出します。

当時の世情 1) ミックスベジタブルがハイカラだった。
         2) ロードパルやパッソル・パッソーラ発売。
         3) 大平首相が急死し皆一応に「ショック」だった。
         4) kawasaki FX400登場 いつかは っと思った。
     ※ 時代はアバウトに前後します 雰囲気です。

35年前のバイクです その懐かしさに「おじさん達」が群がります、このタイプはかなり初期型で本来4速ミッションなのですが
U型の5速ミッションを移植し腰上を72CCに組み替えた 良いとこ取りのGT号です。
 同じ小排気量でも2ストですからぜんぜんフィーリングが違います(面白い) 爆発を感じるアイドリング(パンパン音)からスタート
1速2速と気持ち良く加速(ビィ〜ンって感じです)ミッションのギヤ比も程良く5速までスムーズです。