地下タンク内面FRPライニング工事

 ホーム お問い合わせメール

地下タンク内面FRPライニング工事

平成23年2月1日より設置後年数の経過した地下タンクは危険物(灯油・軽油・重油等)
の流出事故防止対策で「内面ライニング」の処置を施す必要があります。
 
  ※ 2重殻地下タンク・タンク室構造の地下タンクは該当しません。
  事故防止対策は平成25年1月31日までの約2年の猶予があります。
【給湯・冷暖房・非常用発電】でタンクをお使いのユーザー様へ
今回の「法改正」においてローコストで既設の地下タンクを維持するには「内面ライニング」が
一番適切と考えます、しかしながら「施設」によっては「廃止」する(電気・ガスに変える)
方法もあります(地下タンク廃止工事も適切に施工可能です)。
 操業を止められない工場や非常用発電施設などは工事期間中の機能停止を最小限に
抑える必要があります 架設タンクなどの設置または消防法上の問題など適切に対処します。

                             

〒950-3134
新潟市北区新崎5068番地
新潟日本油設株式会社
メール m-kato@yusetsu.jp
TEL025-258-4166
FAX025-258-4169
          担当 加藤
タンク内部清掃 写真はA重油貯蔵タンクです
内面ライニングは安心と実績の紫外線硬化
シート工法です 工事は5日程度で完了。
※タンク容量・油種により工事日程は変わります。

残油量が多い場合はご相談下さい(廃油に
するのはもったいない 特に非常用発電など)

当社タンクローリー車で燃料移送が可能です、
又 工事中の保管も御相談下さい。

FRPライニング施工中
FRPライニング施工完了